本文へスキップ

ベルリン日本人国際学校            Japanische Internationale Schule zu Berlin e.V.

最近の学校の様子SCHOOl liFE

2018年度の学校の様子  1学期  2学期  3学期
2017年度の学校の様子を紹介します 1学期  2学期

   修了式・お別れ会・離任式

 3月16日(金)、今年度の最後の日となりました。
 修了式では、校長先生から各学年の代表者に修了証を授与していただきました。また、児童生徒一人ひとりが1年間を振り返って頑張ったことを発表しました。堂々と発表する姿は輝いており、今年一年間の成長を感じることができました。
 お別れ会では、日本に帰国する4名の児童それぞれメッセージを渡し、友達との別れを惜しんでいました。
 離任式では、2名の先生とお別れをしました。涙、涙の式となり、離任される先生方との別れを惜しんでいました。先生方の言葉を聞き、ベルリン日本人国際学校を益々すてきな学校にしていかなければならないという気持ちになりました。
 最後になりましたが、1年間、ホームページを見ていただきありがとうございました。
  卒業証書授与式

 3月15日(木)、平成29年度卒業証書授与式を行いました。
 今年度は小学部1名、中学部2名の卒業生を送り出しました。ベルリン日本人国際学校で学んだことをいかして、これからの新たな生活を充実させてください。
 2名の卒業生、ご卒業おめでとうございます。
  今年度最後の全校昼食

 3月14日(水)、今年度、最後の全校昼食をしました。
 卒業や帰国のため、このメンバーで食べられるのは最後です。写真のように、年齢に関係なく交流できるベルリン日本人国際学校は本当に素晴らしいです。
 この日は5年生が家庭科で作った雑巾を各学級にプレゼントし、日頃の感謝の気持ちを伝えていました。
  卒業を祝う会

 3月5日(月)に卒業を祝う会を行いました。卒業生へ感謝の気持ちを伝えようと実行委員会が中心となって企画・運営をしました。
 第1部では「レインボーゲーム」や「だるまさんの一日」のレクリエーションを行い、とても盛り上がりました。
 第2部では、実行委員会が一生懸命作製した卒業生巨大カルタを使ってカルタ取りをしました。中学年・高学年からは歌のプレゼントもあり、日頃の感謝の気持ちをしっかりと伝えられたのではないでしょうか。
 卒業まであと2週間、充実した日々を過ごし、思い出を積み重ねていってほしいと思います。
   なわとび大会
 2月5日(月)、小学部のなわとび大会を実施しました。
 「種目跳び」では、自分が選んだ3つの跳び方で自己新記録を目指しました。1000回を越える記録も生まれました。「耐久跳び』」では、5分間跳び続けることにチャレンジし、見事に2名の児童が達成しました。「団体長縄」は、縦割り班で8の字跳びに挑戦しました。これまでの休み時間に練習してきた成果を発揮していました。どの班も息の合ったチームワークで大接戦となりました。
   学習発表会
 1月26日(金)、学習発表会を実施しました。
学習発表会では、総合的な学習の時間「ヴァンゼーツァイト」や生活科で学習してきたことを中心に発表をしました。
 低学年は自分たちで育てた野菜や花、中学年は体験学習で学んだ福祉について、高学年は現地校と交流して感じた日本文化について、そして、中学生はキャリア教育を通して見つめ直した自分の生き方や考え方について発表しました。
 どの学年も発表の仕方を工夫していて、素晴らしい発表でした。
 3学期始業式
 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 
1月5日(金)、3学期の始業式を行いました。
 今年の目標発表では、一人ひとりが新たな目標を発表しました。新しい年を迎え、張り切っている様子がみられました。
 お正月会では、書き初めとカルタ大会・百人一首大会を行いました。午前中の書き初めは一筆一筆心を込めて書き、素晴らしい作品が仕上がりました。
 午後からは低学年はカルタ大会を行い、楽しく盛り上がり、新年を迎えた喜びを感じることができました。
 3年生以上は五色百人一首大会を行いました。個人戦、団体戦とも真剣勝負が繰り広げられ、白熱した試合となりました。






TEL : +49(0)30-803-6830
Mail : info@jap-schule-berlin.de
Web: www.jap-schule-berlin.de/