本文へスキップ

ベルリン日本人国際学校            Japanische Internationale Schule zu Berlin e.V.

最近の学校の様子SCHOOl liFE

昨年度の様子はこちら 1学期  2学期  3学期

   創立25周年記念学校祭
 10月13日(土)、創立25周年記念学校祭を開催しました。「未来へ」をテーマに掲げ、本校が築いてきた伝統と歴史を大切にし、より一層の発展を目指す志を表しました。
 子どもたちの気合いの入り方や頑張りは素晴らしいものであったと思います。学校でも家庭でもドイツ語劇のセリフを覚え、各学級の出し物やベルリンソーランのために練習を重ねていました。その成果が充分発揮された学校祭となりました。ご来賓の方々からも「素晴らしかった」とのお言葉を多数いただくことができました。子どもたちにとって、多くの方々に成長した姿をご覧いただけたことはよい経験となったと思います。
   マラソン大会
 9月25日(火)、快晴の空のもと校内マラソン大会を行いました。子どもたちが積み重ねてきた練習の成果は、自己記録の更新という形で表れました。どの児童生徒もたくさんの声援を背中に受けて、後押しされるように力強く走っていました。マラソン大会の後には、保護者の皆さんが作ってくれたおいしい豚汁をいただき、子どもたちはとても満足そうでした。
    河野外相夫人の学校訪問
 9月6日(木)の午後、河野太郎外務大臣夫人である河野香様の学校訪問がありました。小学部中学年学級の図工(「幻の花」を描いている場面)と低学年学級の音楽(ドイツ語で歌う「ふるさと」を歌っている場面)の授業を参観していただきました。
 本校は、日本の学校と同じ教育課程で授業を実施していること、ドイツらしさ、ベルリンらしさを加味した学校教育を実施していること、多くの団体やたくさんの皆様からの御支援、御協力、御指導あってのベルリン日本人国際学校であることこれらの説明を含めて、校長と懇談をしました。
修学旅行のため小学5年生以上の児童生徒が不在の中で、なおさら少ない子どもたちでしたが、小規模校である本校が頑張っている姿を見ていただけたと思います。
 修学旅行発表会
 9月18日(火)、修学旅行報告会をしました。自分たちが見学してわかったことや感じたことをお母さんやお父さんに伝えました。保護者の方から温かい感想をいただき、子どもたちも満足そうな顔をしていました。
   お別れ会
 9月18日(火)、一緒に過ごしてきた仲間とのお別れ会をしました。ベルリン日本人国際学校で学んだことを支えにして、日本でも楽しい学校生活を送ってほしいと思います。
    ベルリンミニマラソン
  9月16日(土)、ベルリンマラソンの前日に行われたミニマラソンに子どもたちが参加しました。参加した子どもたちは全員完走することができました。ずっとマラソン練習を頑張ってきた子どもたちは、走りきることができ満足そうでした。引き続き来週行われる校内のマラソン大会に向けて頑張っていってほしいと思います。
     修学旅行 3日目
 
 9月7日(金)、ハンブルグにあるオリンパス (OLYMPUS)の工場を見学しました。世界最高峰の技術力で社会に貢献していることに驚き感心していました。また、技術力を維持、向上させるために日々研究を重ねていることを知り、その大切さを学ぶことができました。
 自主研修では、高学年は国際海洋博物館へ、中学部はチョコレート博物館とニコライ教会を見学しました。自分たちで計画した通りに活動することができ、とても立派でした。
    修学旅行 2日目
 
 9月6日(木)、リューベックへ行き、マジパンショーを観てきました。子ども達一人一人がオリジナルのマジパンをつくることができ、みな大満足でした。その後、リューベック市内を散策し、ハンザ同盟の頃から続く歴史的な建物や街並みを見学してきました。異文化を理解するとてもよい体験をすることができました。

 
 修学旅行 1日目
 
 9月5日(水)、待ちに待った修学旅行に出発しました。その旅行先であるハンブルクやリューベックについてたくさんの調べ学習を行い、自分たちが訪ねてみたい場所を見つけることができました。写真はハンブルクのエルプフィルハーモニーの展望台での一枚です。ハンブルクの街や港が一望できました。
 
 中学年社会見学
 
 9月5日(水)に社会見学のためにヴァンゼーの近くにある浄水場を訪ねました。ふだん自分たちが飲んだり使ったりしている水がどのようにきれいにされて届けられているのかを調べました。知らなかったことが明らかになるにつれ、気づいた疑問をガイドの方に質問することができました。教科書で学習したことだけでなくたくさんのことを知り、考えることができました。
   始業式
 
 8月20日(月)に転入生の紹介と始業式を行いました。ひと月ほどの間にたくましく成長して学校に戻ってきた子どもたちの姿を見て、うれしい気持ちになりました。充実した夏休みを過ごしてきたことが想像されました。子どもたちは二学期に頑張りたいことを話しました。校長先生からは頑張りたいことについて具体的な目標を立て、それに向けて努力して行くことが大切だとのお話がありました。二学期はたくさんの行事があります。それらの行事を通して、子どもたちが頑張りたいことを実現できるように応援していきたいと思います。
   終業式
 
 7月20日(金)に終業式を行いました。子どもたち一人一人が一学期の間に頑張ってきたことや二学期に頑張りたいことを話しました。その立派な姿から子どもたちの成長が見受けられました。夏休み中は一学期の復習をしたり、長期の休みでなければ体験できないようなことをしてさらに成長した姿を見せてほしいと願います。
よい、夏休みを!
   お別れ昼食・お別れの会
 
 1学期をもってベルリン日本人国際学校から転出する児童・生徒とのお別れの会です。少人数でとても仲が良かっただけ、お別れの悲しみがこみ上げてきました。築いてきた絆は深くつながりの強いものだったと思います。ぜひ、次の学校にいっても元気に頑張ってほしいと思います。
   独日夏祭り
 
 6月30日(土)独日協会夏祭りに参加しました。日本文化を象徴するものとして「海」「ふるさと」「茶摘み」をドイツ語を交えて歌いました。また、運動会で踊ったベルリンソーランをアレンジし披露しました。この日のためにドイツ語の歌詞を一生懸命覚え、ベルリンソーランの練習に励みました。多くの拍手をもらうことができました。将来にわたって日本・ドイツ両国の友好の架け橋となってほしいと思います。
 
 2018年度 夏季学校
 
 6月22日(金)から1泊2日で、夏季学校へ行ってきました。初日は各学年ごとの学級活動の時間として、低学年は農場へ行き、動物たちとのふれあいを楽しんだり、絵を描いたりしました。中学年はExtavium科学館とポツダム自然史博物館へ行き、科学的な遊びの一つとしてスライム作りを体験したり、野生動物の生態について調べたりしました。高学年は、ドイツ国会議事堂を見学した後、JUMP HAUS BERLINに行きトランポリンやそれを使ったゲームで友だちと楽しんできました。中学部は、シュパーゲルホフへ行き、アスレチックで汗を流してきました。
 午後はあいにくの天候のため、湖水浴は中止となってしまいましたが、保体委員の子どもたちが考えてくれたレクを十分に楽しみました。
 夕食は、グリルを囲んでおいしいお肉や野菜を味わいました。さらに夕べの集いでは各学年で趣向を凝らした出しものをして、みんなで楽しみました。
 2日目は、世界遺産「くじゃく島」を縦割り班でウォークラリーしました。異学年交流をしながらヴァンゼーの自然に親しみました。。

夏季学校の様子(PDF)
  英語参観日
 
 6月11日(月)、英語参観を行いました。日本の小学校では高学年から英語が教科化されることに合わせて、本校でも今年度から小学生を中学年と高学年の2つのクラスに分けて学習に取り組んでいます。
 小学生、中学生とも意欲的に学習に取り組んでいる姿がとても印象的でした。日々の生活の中でも積極的に英語を活用し、英語でコミュニケーションが取れようになってほしいと思います。
 
交通安全教室
 
 6月6日(木)、1年生から4年生までの子供たちがドイツの交通ルールを学びに行きました。実際の道や標識を模した教習所で自転車などを使い、正しい乗り方を教えていただきました。安全で事故にあわないために大切なことを楽しく学ぶことができたようです。


 
陸上自衛隊中央音楽隊・独連邦軍参謀軍楽隊講演鑑賞会
 
 5月31日(木)、音楽を鑑賞しました。子ども達は美しい歌声ときれいな管楽器の音色に聞きほれていました。ずっと練習してきた「ふるさと」をみんなで合唱しました。皆の心が一つになったようで、心地よい時間を過ごすことができました。がんばって練習してきた成果が出ました。
 

 絵馬・お神輿・盆踊り体験
 
 5月23日(水)、日本の伝統文化にふれる体験をしました。お神輿の担ぎ方や盆踊りを習いました。また、絵馬に願いごとを書きました。ベルリンではなかなか見たり聞いたり、やっててみたりすることができない体験に子ども達は目を輝かせて取り組んでいました。
25周年記念運動会
s
運動会の様子
(PDF)  
 
 





 
学校公開
 
 4月28日(土)、学校公開がありました。多くの保護者の方々が見守るなか、ふだん以上にその期待に応えようと、子ども達は頑張っていました。進んで手を挙げて自分の考えを発表したり、友達の意見を大切にしながら話し合ったりしていました。その姿に成長した姿が現れていました。

 
 ベルリンエアショー
 
 4月27日(金)、ブランデンブルク国際空港に行き、ベルリンエアショーを見学しました。世界各国のさまざまな形の飛行機やヘリコプターが一堂に会す様は圧巻でした。子ども達もその大きさに驚いていました。
 なかでも、日本の海上自衛隊に属する哨戒機P-1の内部を見学させていただいた時には子ども達も興奮しきりでした。昼食後、宇宙開発やそれらの部品を作る日本企業のブースを見学し、優れた技術を目の当たりにしました。そして日本のすばらしさを実感していました。
   空撮
 
 4月26日(木)、大使館職員の方がヴァンゼー上空から撮影してくださった写真です。




 歓迎遠足
 
 4月20日(金)、新たにベルリン日本人国際学校の仲間となった友達とZoologischer Garten Berlin へ全校遠足に行きました。とても暑い日でしたが、学級や縦割り班の友達と助け合いながら仲良く園内を回っていました。友達との絆が深められた一日となりました。
   創立25周年開校記念式
 
 4月19日(木)、ベルリン日本人国際学校が開校してから記念すべき25周年を迎えました。設立に直接かかわった前事務局長、松野武志さんを講師としてお招きし、開校当時の様子をお話していただきました。当時の貴重なお話に子ども達は真剣な眼差しで聞き入っていました。
   不審者対応避難訓練
 
 4月18日(水)、学校内に不審者が侵入したという設定のもと、避難訓練を行いました。子ども達は不審者役が現れると先生の指示を聞いて一斉に安全な場所に避難しました。避難場所では安全が確認されるまでロックダウンの姿勢をとることができ、大使館の方や地元警察の方にも褒められました。
平成30年度始業式・入学式
 
 4月11日(水)、新入生7名そして新しい先生方2名を迎え、本校の新たな1年が始まりました。始業式そして入学式が行われ、小学部・中学部共に新入生が新たな決意を発表しました。
 入学式では、新入生が自分の目標を堂々と発表でき、とても立派でした。







TEL : +49(0)30-803-6830
Mail : info@jap-schule-berlin.de
Web: www.jap-schule-berlin.de/