本文へスキップ

ベルリン日本人国際学校            Japanische Internationale Schule zu Berlin e.V.

最近の学校の様子SCHOOl liFE

昨年度の様子はこちら 1学期  2学期  3学期
2018年度の様子  1学期  2学期  3学期

    「終業式」
 12月21日(金)、2学期の終業式を行いました。校長先生からは、まとめをしっかりとすること、はじめの準備をきちんとすることが大切というお話がありました。また、何より大切なことは健康に気をつけて三学期も元気に登校することとお話しされました。子どもたちは一人ずつ、2学期に頑張ったことと来年から頑張りたいことを発表しました。
 元気にまた三学期に会えることを、楽しみにしています。
 よいクリスマスを!
 よいお年を!!
   「クリスマス集会」
 12月20日(木)、二学期のしめくくりに全校児童生徒で、クリスマス集会を開きました。児童生徒会の執行部が中心となって企画し、楽しく全員が参加できました。子どもたちはさまざまな寸劇やマジック、楽器の演奏、歌声を披露し、みんなを楽しませることができました。また、年齢の異なる子どもたちでありながら、ルールを工夫して楽しくレクをしていました。
最後にサンタクロースチーム(弟子とトナカイ)が登場し、子どもたちがほしいと願ったおもちゃを届けてくれました。子どもたちは大喜びしていました。
  「ドイツ語授業 クリスマスパーティ」
 12月18日(火)、二学期最後のドイツ語の授業ということで、ドイツ語の先生方が、ドイツでのクリスマスのお祝いの仕方やパーティについて教えてくださいました。ドイツの人々の暮らしや言葉などの異文化を理解するとても貴重な時間となりました。子どもたちは歌を歌ったりゲームを楽しんだりしてドイツ語に親しんでいました。
    「高学年校外学習」
 12月14日(金)、小学部の5,6年生は総合的な学習の一環として、ベルリン市内を見学してきました。気温が低くとても寒い中での見学となりましたが、子どもたちは元気に歩いていました。 見学して分かったことは、ベルリンのガイドマップとしてまとめる予定です。果として素晴らしい作品が出来上がることを期待したいと思います。
   「オペラ事前指導」
 12月13日(木)、オペラワークショップを控え事前指導をしていただきました。オペラの成り立ちや「セビリヤの理髪師」についてお話してくださいました。子どもたちは興味津々な様子でお話を聞いていました。子どもたちが演じるオペラが楽しみです。
    「ベルリンフィルハーモニー・楽器博物館」見学
 12月12日(水)、ベルリンにある日本人学校ならではの行事として、世界最高峰のベルリンフィルハーモニーと楽器博物館を見学してきました。本番直前のリハーサルということで、ときどき演奏をとめて、曲の細部に至るところまで仕上げていくプロの練習を目の当たりにすることができました。楽器博物館では楽器についての説明を聞き、見たことのない楽器の数々に驚いていました。
   中学年社会科見学
(ドイツ歴史博物館)

 12月5日(水)、ドイツ歴史博物館へ社会科見学に行きました。むかし使っていた暮らしに役立つ道具を見学してきました。子どもたちは初めて見る道具に目を輝かせていました。どのように、何のために使うのかを予想したり話したりしながら館内を回ることができました。学習面だけでなくグループで協力して活動することができ、とても立派でした。
  JOMO健康相談
 12月4日(火)、歯科検診と健康相談が行われました。ふだんは日本語で、健康について専門家に相談することがなかなかできないので、とても貴重な機会でした。保護者の方も安心されたのではないかと思います。子どもたちは歯の検診を受けていました。子どもたちには健康第一でこれからも元気に登校してほしいと願っています。。
   中学年社会科見学(BIO)
 11月14日(水)、3、4年生が学校の近くのBIOマーケットへ社会科見学に行きました。スーパーの方の説明を聞き、学校で考えた質問をしました。売り場や働いている人の姿を見学し、スーパーマーケットでは、どのような工夫や努力をしているのかを調べてくることができました。
    授業参観日(道徳)
 11月9日(金)、道徳の授業参観がありました。絵やVTRを使い、問題場面やその人物(恐竜もいましたが)がおかれた状況を理解したうえで、どのような気持ちや行動をしたかを考えました。子どもたちは思い思いに自分の考えを発表していましたが、友だちの発表をしっかりと受けとめて聞いているようでした。
   創立25周年記念学校祭
 10月13日(土)、創立25周年記念学校祭を開催しました。「未来へ」をテーマに掲げ、本校が築いてきた伝統と歴史を大切にし、より一層の発展を目指す志を表しました。
 子どもたちの気合いの入り方や頑張りは素晴らしいものであったと思います。学校でも家庭でもドイツ語劇のセリフを覚え、各学級の出し物やベルリンソーランのために練習を重ねていました。その成果が充分発揮された学校祭となりました。ご来賓の方々からも「素晴らしかった」とのお言葉を多数いただくことができました。子どもたちにとって、多くの方々に成長した姿をご覧いただけたことはよい経験となったと思います。
   マラソン大会
 9月25日(火)、快晴の空のもと校内マラソン大会を行いました。子どもたちが積み重ねてきた練習の成果は、自己記録の更新という形で表れました。どの児童生徒もたくさんの声援を背中に受けて、後押しされるように力強く走っていました。マラソン大会の後には、保護者の皆さんが作ってくれたおいしい豚汁をいただき、子どもたちはとても満足そうでした。
    河野外相夫人の学校訪問
 9月6日(木)の午後、河野太郎外務大臣夫人である河野香様の学校訪問がありました。小学部中学年学級の図工(「幻の花」を描いている場面)と低学年学級の音楽(ドイツ語で歌う「ふるさと」を歌っている場面)の授業を参観していただきました。
 本校は、日本の学校と同じ教育課程で授業を実施していること、ドイツらしさ、ベルリンらしさを加味した学校教育を実施していること、多くの団体やたくさんの皆様からの御支援、御協力、御指導あってのベルリン日本人国際学校であることこれらの説明を含めて、校長と懇談をしました。
修学旅行のため小学5年生以上の児童生徒が不在の中で、なおさら少ない子どもたちでしたが、小規模校である本校が頑張っている姿を見ていただけたと思います。
 修学旅行発表会
 9月18日(火)、修学旅行報告会をしました。自分たちが見学してわかったことや感じたことをお母さんやお父さんに伝えました。保護者の方から温かい感想をいただき、子どもたちも満足そうな顔をしていました。







TEL : +49(0)30-803-6830
Mail : info@jap-schule-berlin.de
Web: www.jap-schule-berlin.de/