本文へスキップ

ベルリン日本人国際学校            Japanische Internationale Schule zu Berlin e.V.

最近の学校の様子SCHOOl liFE

昨年度の様子は こちら 
2020年度の様子はこちらから  1学期  2学期  3学期

   「高学年音楽 合奏発表」

9月17日、高学年による音楽の授業で学習していた合奏の発表会がありました。「ルパン三世のテーマ」を高学年7人で見事に演奏しました。さすが高学年という完成度の高い演奏でした。聞きにやってきた他学年の児童生徒から大きな拍手が送られました。

 

 「学習参観・懇談会」

9月15日、学習参観・懇談会がありました。1学期は開催できなかったため、英語参観に続いて2回目の授業を公開する機会となりました。小学2年生から中学部2年生まで緊張する様子が見られたものの、一生懸命授業に取り組んでいました。
 その後の懇談会では、児童生徒の学習の様子や今後の予定などの話題について保護者の皆さまとお話しすることができました。

   「特別授業」

9月1日、日本大使館の水谷様に来ていただき、環境問題についての授業をしていただきました。学校では普段聞く事のできない環境問題についてのお話をうかがう貴重な体験でした。子ども達も食い入るように耳を傾けていました。
 現在深刻な問題になっている地球温暖化についてのお話をうかがう中で、地球上の二酸化炭素を減らすために自分達に何ができるのか考えるいい機会になりました。

   「英語参観」

8月31日、英語参観がありました。
 本校の中学部では、通常の英語学習に加えて週に2回、講師を招いて独自の英会話の学習をしています。また、小学部では、外国語活動・外国語の授業において、担任教諭と講師のTT体制で授業を行っています。
 本日の参観は、今年度初の授業参観ということもあり、どの子も緊張した様子でした。その中でも、英語を使って自分のことや気持ちを表現しようとする姿が見られました。これかも英語学習の中で本物の英語に触れ、英語力を培っていってほしいです。

   「歓迎遠足」

 8月21日、ベルリン動物園へ歓迎遠足に行きました。新しくこの学校に転入した5人の友達を迎えての初めての校外学習でした。この日は、動物園内でお昼をとり、縦割り班で活動しました。
 今年度初めての行事であることから、子ども達はこの日を楽しみにしていました。3つのチェックポイントを回り、それぞれの箇所で出題される課題に協力して取り組んでいました。長い2学期ですが、全校児童生徒22名、力を合わせて何事にも全力で取り組んでいきます。

 
 「2学期始業式」

 8月18日、新たな転入生を迎え22名で2学期が始まりました。また、日本から自宅勤務中で来独できなかった新規派遣教員も無事着任することができました。
 校長先生より「コロナウイルスで大変な状況だからこそ、自分達で何ができるか考えて行動しよう」とお話がありました。22名が自分達で考え、行動し、より充実した学校生活を送っていってほしいです。








TEL : +49(0)30-803-6830
Mail : info@jap-schule-berlin.de
Web: www.jap-schule-berlin.de/